1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

コンビニ受取対応商品 60ml×6本セット x5plus リアップX5プラス ローション 第一類医薬品 riup 1本プレゼント おまけ 第一類医薬品,リアップX5プラス,ローション,60ml×6本セット,1本プレゼント,riup,x5plus,おまけ,コンビニ受取対応商品 コンビニ受取対応商品 60ml×6本セット x5plus リアップX5プラス ローション 第一類医薬品 riup 1本プレゼント おまけ 第一類医薬品,リアップX5プラス,ローション,60ml×6本セット,1本プレゼント,riup,x5plus,おまけ,コンビニ受取対応商品 【第一類医薬品】リアップX5プラス ローション 60ml×6本セット【1本プレゼント】riup x5plus おまけ【コンビニ受取対応商品】 【第一類医薬品】リアップX5プラス ローション 60ml×6本セット【1本プレゼント】riup x5plus おまけ【コンビニ受取対応商品】

【第一類医薬品】リアップX5プラス ローション 60ml×6本セット【1本プレゼント】riup x5plus おまけ【コンビニ受取対応商品】

【第一類医薬品】リアップX5プラス ローション 60ml×6本セット【1本プレゼント】riup x5plus おまけ【コンビニ受取対応商品】
【第一類医薬品】リアップX5プラス ローション 60ml×6本セット【1本プレゼント】riup x5plus おまけ【コンビニ受取対応商品】
fPzznlhw
50233円-55%-22604円


【期間限定!】

リアップX5 PLUS

60ml[リアップ 抜け毛・フケ等/ローション/発毛剤/価格/効果/通販/ くちこみ/副作用/発毛剤/毛生え薬/ミノキシジル/壮年性脱毛 ]【第1類医薬品】
お買い上げいただける個数は3個までです



※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

商品説明
「リアップX5 60ml」は、有効成分ミノキシジルを配合した、壮年性脱毛症における男性用発毛剤です。壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防に効果を発揮します。医薬品。
使用上の注意

●してはいけないこと
守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こる可能性があります。
1.次の人は使用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)女性。*女性の方はリアップシリーズの女性用製品をご使用ください。
(3)未成年者(20歳未満)。*国内での使用経験がありません。
(4)壮年性脱毛症以外の脱毛症(例えば、円形脱毛症、甲状疾患による脱毛等)の人、
あるいは原因のわからない脱毛症の人。*本剤は壮年性脱毛症でのみ有効です。
(5)脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている人。*壮年性脱毛症以外の脱毛症である可能性が高い。

2.次の部位には使用しないでください。
(1)本剤は頭皮にのみ使用し、内服しないでください。*血圧が下がる等のおそれがあります。
(2)きず、湿疹あるいは炎症(発赤)等がある頭皮。*きず等を悪化させることがあります。


3.本剤を使用する場合は、他の育毛剤及び外用剤(軟膏、液剤等)の頭皮への使用は、さけてください。また、これらを使用する場合は本剤の使用を中止してください。*これらの薬剤は本剤の吸収に影響を及ぼす可能性があります

●相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)今までに薬や化粧品によるアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
(2)高血圧の人、低血圧の人。*本剤は血圧に影響を及ぼす可能性が考えられます。
(3)心臓又は腎臓に障害のある人。*本剤は心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性が考えられます。
(4)むくみのある人。*むくみを増強させる可能性が考えられます。
(5)家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人。*壮年性脱毛症の発症には遺伝的要因が大きいと考えられます。
(6)高齢者(65歳以上)。*一般に高齢者では好ましくない症状が発現しやすくなります。
(7)次の診断を受けている人。
甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)。*甲状腺疾患による脱毛の可能性があります。

2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
使用後、次の症状があらわれた場合。
関係部位症状
皮ふ頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、局所熱感等
神経系頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器系胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ


3.6ヵ月使用して、次のいずれにおいても改善が認められない場合には、使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
*脱毛状態の程度、生毛・軟毛の発生、硬毛の発生、抜け毛の程度。(太い毛だけでなく細く短い抜け毛の減少も改善の目安となります)
*壮年性脱毛症以外の脱毛症であったり、脱毛が他の原因によるものである可能性があります。

4.使用開始後6ヵ月以内であっても、脱毛状態の悪化や、次のような脱毛が見られた場合は、使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
*頭皮以外の脱毛、斑状の脱毛、急激な脱毛など。
*壮年性脱毛症以外の脱毛症であったり、脱毛が他の原因によるものである可能性があります。

●その他の注意
1.毛髪が成長するには時間がかかります。効果がわかるようになるまで少なくとも6ヵ月間、毎日使用してください。*本剤の有効性は4ヵ月使用後から認められています。
2.毛髪が成長する程度には個人差があり、本剤は誰にでも効果があるわけではありません。
3.効果を維持するには継続して使用することが必要で、使用を中止すると徐々に元に戻ります。*本剤は壮年性脱毛症の原因を取り除くものではありません。


効能・効果
壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。


用法・用量
成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
1回1mLのご使用は、脱毛範囲の大小に関係なくお守りください。1mLは塗り広げれば、頭皮全体に十分に行きわたる量として設計してあります。なお、容器は1mLを計量できるタイプです。

**注意**
1.用法・用量の範囲より多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。定められた用法・用量を厳守してください。(決められた以上に多く使用しても、効果の増加はほとんどなく、副作用の発現する可能性が高くなります)
2.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には眼科医の診察を受けてください。
3.薬液のついた手で、目などの粘膜にふれると刺激があるので、手についた薬液はよく洗い落としてください。
4.頭皮にのみ使用し、内服しないでください。
5.アルコールなどに溶けるおそれのあるもの(メガネわく、化学繊維等)にはつかないようにしてください。
6.整髪料及びヘアセットスプレーは、本剤を使用した後に使用してください。
7.染毛剤(ヘアカラー、毛染め、白髪染め等)を使用する場合には、完全に染毛を終えた後に本剤を使用してください。


成分・分量
100mL中
ミノキシジル:5.0g(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防します)
添加物:1.3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール


保管および取扱い上の注意
(1)使用後、キャップをして、直射日光や高温、寒冷の場所をさけ、涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないでください。
(4)火気に近づけないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
お問い合わせ先
この医薬品をご使用になられて、好ましくない症状があらわれるなど、何かお気づきの点や、何か不安な点がございましたら、お買い求めのお店又は下記までご連絡くださるようお願いいたします。

連絡先:大正製薬株式会社 お客様119番室
電話:03-3985-1800
受付時間 8:30-21:00(土、日、祝日を除く)

●副作用被害救済制度のお問い合わせ先
(独)医薬品医療機器総合機構
電話0120-149-931(フリーダイヤル)

リアップX5 60ml【第1類医薬品】
製造販売元 大正製薬

内容量:60ml



JANコード: 4987306068155



文責:株式会社ファンメディカル 薬剤師 脇田直樹
広告文責:株式会社ファンメディカル
TEL:097-546-7109
商品区分:【第1類医薬品】


座談会
インタビュー
WORLDWIDE文献ニュース [2020年文献] 高血圧の若年成人では,高血圧のタイプにより心血管疾患発症リスクが異なった
PickUp What's New
がめ煮 [特別企画]フレンチシェフ松嶋啓介氏のオンライン「塩なし」お料理教室
Zoomを使ったお料理教室の様子をレポートいたします。〔全文を読む



【Topics】
[開設10周年記念座談会]わが国の循環器疫学研究の過去・現在・未来(後編)

左から
寺本民生先生(帝京大学臨床研究センター)
磯 博康先生(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学)
上島弘嗣先生(滋賀医科大学アジア疫学研究センター)
大橋靖雄先生(中央大学理工学部人間総合理工学科生物統計学)
桑島 巖先生(特定非営利活動法人臨床研究適正評価教育機構)
堀 正二先生(大阪国際がんセンター)
epi-c.jpの開設10周年を記念し,この10年の循環器疾患や疫学研究の変化を振り返って編集委員にお話しいただきました。今回は後編として「疫学研究の課題」「今後の展望」を掲載します。〔全文を読む


【Topics】
[開設10周年記念座談会]わが国の循環器疫学研究の過去・現在・未来(前編)
epi-c.jpの開設10周年を記念し,この10年の循環器疾患や疫学研究の変化を振り返って編集委員にお話しいただいた。今回は前編として「循環器領域の潮流」 「臨床に対する疫学の影響」 「疫学に対する臨床の影響」を掲載する。〔全文を読む


【大迫研究】
[大迫研究30周年記念講演]家庭血圧の世界基準を生んだ大迫研究のこれまでとこれから
大迫研究30周年記念講演
2016年,大迫研究は開始から30周年を迎えた。10月19日に第20回日本心臓財団メディアワークショップとして開催された,記念講演の内容を紹介する。〔全文を読む


【学会報告】
日本動脈硬化学会2017
1月に宮崎で開催された第17回日本動脈硬化教育フォーラムの特別講演で,7月の公開に先立ち,「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」の概要が発表された。〔全文を読む


【Topics】
左:寺本民生先生、中央:上島弘嗣先生、右:桑島巌先生
左:寺本民生氏(帝京大学臨床研究センター)
中:上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター)
右:桑島 巖氏(東京都健康長寿医療センター)
戦後生まれ世代における動脈硬化の日米比較を行っているERA JUMP研究で,危険因子プロファイルが悪化しているにもかかわらず,日本人の潜在性動脈硬化は米国ほど進展していないという「ジャパニーズ・パラドックス」が示された。そこで,対象者の範囲を広げ,より詳細な検討を行うために開始されたのが滋賀動脈硬化疫学研究(SESSA)。ここでは,編集委員の上島氏に,主任研究者の立場からSESSAの研究概要とこれまでに得られている知見をお話しいただくとともに,脂質異常症の専門医の立場から寺本民生氏,高血圧の専門医の立場から桑島巖氏に,潜在性動脈硬化をどのように評価し,臨床に活かせるかを議論していただいた。〔全文を読む


【学会報告】
[学会報告・日本循環器学会2016]岩手県北・沿岸心疾患発症登録,J-HOP,Miyagi AMI Registry,NIPPON DATA80,SESSA,高畠研究,田主丸研究



〔最新の記事〕 

・2021.9.01
CIRCS
[2021年文献] 塩味を感じとる力は血圧値と負の関連を示す

・2021.9.01
INTERMAP
[2020年文献] 健康的な植物性の食品を中心とした食事は血圧低値と関連する

・2021.8.02
NIPPON DATA
[2020年文献] 青年期~中年期の孤立性収縮期高血圧はその後のCVD死亡リスクと独立した正の関連を示す

・2021.8.02
Worldwide文献ニュース
[2020年文献] 高血圧の若年成人では,高血圧のタイプにより心血管疾患発症リスクが異なる

・2021.1.22
Topics
[特別企画]フレンチシェフ松嶋啓介氏のオンライン「塩なし」お料理教室

・2020.11.09
CIRCS
[2020年文献] 頚動脈内膜-中膜壁厚高値は脳卒中発症リスクと有意な正の関連を示す

・2020.11.09
吹田研究
[2018年文献] 頚動脈内膜-中膜壁厚の進展は心血管疾患リスクと有意な正の関連を示す

・2020.10.01
CIRCS
[2020年文献] 日本人では血漿中のNT-proBNP濃度が中程度であっても全脳卒中・虚血性脳卒中発症リスクが高くなる

・2020.10.01
JACC
[2019年文献] 血漿中のインスリン様増殖因子(IGF)-II濃度が高いほど心不全発症リスクは低い

・2020.8.31
JPHC
[2020年文献] 日本食を食べる頻度が高い人は全死亡・心血管疾患死亡リスクが低い

・2020.8.31
JPHC


・2020.6.01
JACC
[2020年文献] 20歳時点から体重が大きく変化した人は将来的に心血管疾患死亡リスクが高くなる

・2020.6.01
CIRCS
[2020年文献] 笑う頻度が少ない中年男性は経時的に血圧が上昇する

・2020.4.28
INTERMAP
[2020年文献] カリウム摂取量を増やすためには,野菜・果物,魚介類,牛乳・乳製品の摂取量を増やすことが有効

・2020.4.28
NIPPON DATA
[2020年文献] 世帯単位で塩分摂取量が多い人は心血管疾患リスクが高い


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | HAAS(ホノルルアジア老化研究) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.