1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

アレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化 マットレス ポケットコイル MOR4 アレルリーフ 925 (SD, ポケットNノーマル) アレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化 マットレス ポケットコイル MOR4 アレルリーフ 925 (SD, ポケットNノーマル) SD MOR4 ポケットNノーマル ポケットコイル アレルリーフ 925 アレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化 マットレス SD MOR4 ポケットNノーマル ポケットコイル アレルリーフ 925 アレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化 マットレス アレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化,マットレス,ポケットコイル,MOR4,アレルリーフ,925,SD,ポケットNノーマル アレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化,マットレス,ポケットコイル,MOR4,アレルリーフ,925,SD,ポケットNノーマル

アレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化 マットレス ポケットコイル MOR4 アレルリーフ 925 (SD, ポケットNノーマル)




商品説明
サイズ幅122cm x 長さ196cm x 厚さ23cm
商品説明お客様の声から生まれたマットレス。お部屋のホコリや花粉などのハウスダストを吸着・不活性化(無害化)するアレルリーフ綿を標準装備した衛生的マットレスです。ダニの死骸やフン、花粉などのアレルギー物質の原因になるハウスダストを吸着し不活性化します。最近の増殖を抑制し、防臭効果を発揮。汗のにおいの主成分である酢酸を消臭します。
配送等に関するご注意・実店舗在庫との併売のため、ご注文のタイミングによっては在庫切れとなる場合がございます。その際はご連絡させていただきますので、何卒ご了承下さいますようお願い致します。
・こちらの商品は、お届け時にお部屋の中までお運びし、組み立て・設置までを行います。配送諸条件につきましては、ご注文前にお問い合わせください。なお、お届け日のお打ち合わせのために、ご注文確定後ご連絡をさせていただきます。
・商品の設置場所に搬入が可能かどうか、ドア、廊下、階段、エレベーターのサイズなど、搬入経路をしっかりとお確かめください。配送後にイメージが違うといったキャンセルや、搬入できないという理由でのキャンセルは、往復の送料を手数料としていただきます。また、ベランダなどからの吊り上げ搬入などが必要となった場合には、別途料金がかかったり、後日再配達となる場合もございます。(キャンセル等の場合の送料は、表記の配送料ではなく、実費をいただきます。)
・商品の取り扱いには細心の注意を払っておりますが、組み立て・梱包時や、運送時に不可抗力で小傷(擦り傷)などが付く場合がございます。その場合は初期不良扱いの範疇にはなりませんので、あらかじめご了承下さい。
・不具合品について…商品は出荷時に検品をして出荷しております。 万が一不具合等により返品、商品交換をご希望されます場合は、商品到着後7日以内に画像を添付の上ご連絡をお願い致します。7日以内にお知らせいただけない場合、対応はできませんのでご了承ください。


座談会
インタビュー
WORLDWIDE文献ニュース [2020年文献] 高血圧の若年成人では,高血圧のタイプにより心血管疾患発症リスクが異なった
PickUp What's New
がめ煮 [特別企画]フレンチシェフ松嶋啓介氏のオンライン「塩なし」お料理教室
Zoomを使ったお料理教室の様子をレポートいたします。〔全文を読む



【Topics】
[開設10周年記念座談会]わが国の循環器疫学研究の過去・現在・未来(後編)

左から
寺本民生先生(帝京大学臨床研究センター)
磯 博康先生(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学)
上島弘嗣先生(滋賀医科大学アジア疫学研究センター)
大橋靖雄先生(中央大学理工学部人間総合理工学科生物統計学)
桑島 巖先生(特定非営利活動法人臨床研究適正評価教育機構)
堀 正二先生(大阪国際がんセンター)
epi-c.jpの開設10周年を記念し,この10年の循環器疾患や疫学研究の変化を振り返って編集委員にお話しいただきました。今回は後編として「疫学研究の課題」「今後の展望」を掲載します。〔全文を読む


【Topics】
[開設10周年記念座談会]わが国の循環器疫学研究の過去・現在・未来(前編)
epi-c.jpの開設10周年を記念し,この10年の循環器疾患や疫学研究の変化を振り返って編集委員にお話しいただいた。今回は前編として「循環器領域の潮流」 「臨床に対する疫学の影響」 「疫学に対する臨床の影響」を掲載する。〔全文を読む


【大迫研究】
[大迫研究30周年記念講演]家庭血圧の世界基準を生んだ大迫研究のこれまでとこれから
大迫研究30周年記念講演
2016年,大迫研究は開始から30周年を迎えた。10月19日に第20回日本心臓財団メディアワークショップとして開催された,記念講演の内容を紹介する。〔全文を読む


【学会報告】
日本動脈硬化学会2017
1月に宮崎で開催された第17回日本動脈硬化教育フォーラムの特別講演で,7月の公開に先立ち,「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」の概要が発表された。〔全文を読む


【Topics】
左:寺本民生先生、中央:上島弘嗣先生、右:桑島巌先生
左:寺本民生氏(帝京大学臨床研究センター)
中:上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター)
右:桑島 巖氏(東京都健康長寿医療センター)
戦後生まれ世代における動脈硬化の日米比較を行っているERA JUMP研究で,危険因子プロファイルが悪化しているにもかかわらず,日本人の潜在性動脈硬化は米国ほど進展していないという「ジャパニーズ・パラドックス」が示された。そこで,対象者の範囲を広げ,より詳細な検討を行うために開始されたのが滋賀動脈硬化疫学研究(SESSA)。ここでは,編集委員の上島氏に,主任研究者の立場からSESSAの研究概要とこれまでに得られている知見をお話しいただくとともに,脂質異常症の専門医の立場から寺本民生氏,高血圧の専門医の立場から桑島巖氏に,潜在性動脈硬化をどのように評価し,臨床に活かせるかを議論していただいた。〔全文を読む


【学会報告】
[学会報告・日本循環器学会2016]岩手県北・沿岸心疾患発症登録,J-HOP,Miyagi AMI Registry,NIPPON DATA80,SESSA,高畠研究,田主丸研究
日本循環器学会2016
第80回日本循環器学会学術集会(JCS2016)は,2016年3月18日(金)~20日(日)の3日間,仙台で開催された。ここでは、学会で発表された疫学研究の一部を紹介する。〔



〔最新の記事〕 

・2021.9.01
CIRCS
[2021年文献] 塩味を感じとる力は血圧値と負の関連を示す

・2021.9.01
INTERMAP
[2020年文献] 健康的な植物性の食品を中心とした食事は血圧低値と関連する

・2021.8.02
NIPPON DATA
[2020年文献] 青年期~中年期の孤立性収縮期高血圧はその後のCVD死亡リスクと独立した正の関連を示す

・2021.8.02
Worldwide文献ニュース
[2020年文献] 高血圧の若年成人では,高血圧のタイプにより心血管疾患発症リスクが異なる

・2021.1.22
Topics
[特別企画]フレンチシェフ松嶋啓介氏のオンライン「塩なし」お料理教室

・2020.11.09
CIRCS
[2020年文献] 頚動脈内膜-中膜壁厚高値は脳卒中発症リスクと有意な正の関連を示す

・2020.11.09
吹田研究
[2018年文献] 頚動脈内膜-中膜壁厚の進展は心血管疾患リスクと有意な正の関連を示す

・2020.10.01
CIRCS
[2020年文献] 日本人では血漿中のNT-proBNP濃度が中程度であっても全脳卒中・虚血性脳卒中発症リスクが高くなる

・2020.10.01
JACC
[2019年文献] 血漿中のインスリン様増殖因子(IGF)-II濃度が高いほど心不全発症リスクは低い

・2020.8.31
JPHC
[2020年文献] 日本食を食べる頻度が高い人は全死亡・心血管疾患死亡リスクが低い

・2020.8.31
JPHC


・2020.6.01
JACC
[2020年文献] 20歳時点から体重が大きく変化した人は将来的に心血管疾患死亡リスクが高くなる

・2020.6.01
CIRCS
[2020年文献] 笑う頻度が少ない中年男性は経時的に血圧が上昇する

・2020.4.28
INTERMAP
[2020年文献] カリウム摂取量を増やすためには,野菜・果物,魚介類,牛乳・乳製品の摂取量を増やすことが有効

・2020.4.28
NIPPON DATA
[2020年文献] 世帯単位で塩分摂取量が多い人は心血管疾患リスクが高い


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | HAAS(ホノルルアジア老化研究) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.